債務整理中の融資は受けられるのか

人により、債務整理中にもかかわらず融資を受けたいと希望される方もいます。
債務整理を行っている場合、金銭的な余裕がない状態になりますので、
必要なお金を借りられればと思うでしょう。

信用情報に債務整理中である事が登録されるので融資をうけることはできません

ただ、債務整理中である場合、その事実が信用情報として登録されていますので、
どの金融機関でも融資を行ってもらうことはできません。

この情報については5年間登録されていますので、
債務整理後5年間にわたってお金を借りることは難しくなってくるのです。

また、それとは別に、債務整理中に融資を受けられない理由は存在しています。
債務整理を行うということは、金銭的に余裕がないということも表していますが、
この状況でお金を借りることにより返済することができず、
さらなる借金を抱えてしまうようになるのです。

また、一般の金融機関では債務整理中の方を相手にはしてくれませんので、
必然的にヤミ金などの違法な業者に頼ることになってしまいます。
ヤミ金では、法外な金利を請求されることになりますので
借金も雪だるま式に増えてしまうほか、
法的に規制されている取り立ても行われるようになります。

債務整理中に新たな借入を考えてはいけない

このように、新たに融資を受けることにより、借金の額が膨らむだけではなく、
自身や家族の生活も脅かされてしまうようになるのです。
債務整理中の場合には、追加の借り入れをしようとはせず、
今あるお金でどのように生活を営んでいけるのか充分考えるようにしましょう。
その結果、これから安定した生活を手に入れられるようになるのです。

COPYRIGHT© 2013 金融について学ぶ ALL RIGHTS RESERVED.