金融業のそれぞれの業務内容と求められる能力

ひとことで金融関係といっても、その業務内容は多岐にわたります。
そして、それぞれの金融関係の業務内容によって、
必要となる知識やスキルは異なってきます。

どんな人が求められる?

株や為替といった経済動向により、金融業界は大きな影響を受けます。
よって、もし金融業界の業務内容に興味があるのであれば、
日々のニュースに注目し、経済や金融業界の動向に関心を持つことが大切です。

電話対応や窓口対応により顧客の対応をすることも多いので、
コミュニケーション能力は非常に重要です。
数字を扱う職種であることから、数字に強い人は
金融業界に向いているかもしれません。

業務内容

銀行業務

金融業の代表的な業務として、銀行事務があります。
銀行事務の業務内容も幅が広く、窓口対応をはじめ、
預金や貸付業務、為替に関する業務、証券に関する業務、などがあります。

このような業務の幅広さの背景には、
銀行で扱う金融商品が多様化していることがあげられます。
銀行業は財務省の管轄であり重要な業務であることから、
データを送る作業が発生しており、パソコンを使う仕事は多いです。

証券会社の業務

証券会社での業務も、金融業のひとつです。
顧客とのやり取りをはじめ、株式にまつわる業務全般を扱います。
契約書をはじめとする細かい書類の作成が多いので、
そうした作業が得意な人が向いている業務です。

クレジット会社の業務

クレジットカード会社での業務も、金融業のひとつです。
クレジットカードの受け付けなどの事務を受けたり、
審査に関係する処理業務、会員情報の入力や管理業務、
場合によっては営業をすることもあります。

保険会社の業務

保険会社での業務も金融業に含まれますが、
損害保険会社や生命保険会社など、種類が多いのが特徴です。
顧客との電話における対応や、保険商品の説明、
その他各種手続きなど、業務内容は非常に多岐にわたります。
保険商品の販売は営業にて行うこともあるので、
営業スキルのある人は重宝されます。

他にも、消費者金融などの借り入れ業務などが、金融業のひとつとしてあげられます。

COPYRIGHT© 2013 金融について学ぶ ALL RIGHTS RESERVED.