日本銀行が行う金融緩和について

金融緩和とは、中央銀行、日本で言えば日本銀行ですが、
この日本銀行が民間の銀行を通じて世の中に出回るお金を
増やすことを指します。
金融緩和についての方法は幾つかあります。

金利を下げて民間の銀行が日本銀行からお金を借りやすくする方法

まず金利を引き下げて、民間の銀行が日本銀行からお金を借りやすくする方法です。
これを以前は「公定歩合引き下げの政策」と呼んでいました。
この金融緩和については、日本銀行券(お金)の発券を増やすということも伴います。
これで民間の銀行は、有利な条件で日本銀行から資金調達を受けることとなります。
その分個人や企業に対して低い金利で、大きく貸し出すことが可能となります。

世の中に出回るお金が多くなり、流動することとなります。
これが景気の回復に働きかけることとなります。
企業はお金を借りて設備投資を行うことができますし、
新しい企業も設立しやすくなります。
また個人は消費しやすくなるのです。

量的緩和

もうひとつの金融緩和についての方法は、「量的緩和」です。
銀行の貸出に使えるお金の量を増やす事を目的としているものです。
銀行が持っている国債といった資産を日本銀行が買い取れば、
銀行は貸し出しにお金を回せます。
それを狙った金融緩和についての方法ですが、日本の基準金利が
限りなく0に近くなっても尚景気が回復しない時期には、有効となります。
景気が良くなるとインフレーション気味になるのは当たり前ですが、
これがあまりに急激であると経済の混乱をまねきます。
この時には金融引き締めを行って、調整を図ります。

COPYRIGHT© 2013 金融について学ぶ ALL RIGHTS RESERVED.